釣り船ふじたや

釣り船ふじたや

2021年8月29日~〜大阪湾釣り船ふじたや~

8月4週目のふじたや出船について、太刀魚開幕、太刀魚の釣り方!

8月の第4週目は『落とし込み(アンダーベイト)大物狙い、鬼アジ』、日曜日はタチウオ便で出船しました。
最近は、朝晩は秋の訪れを感じつつありますが、昼間は太陽が昇ると30度を超え、日によっては35度を超える日もあります。まだまだ、残暑が残るので熱中症には注意してくださいね!

落とし込み(アンダーベイト)大物狙いについて

土曜日のアンダーベイト便ではいつまでベイトがあるか不安でした。ポイントに着くと小さなベイトの群れはありますが、乗るお客様、乗らないお客様もいる為、ベイトを捜しながら少しづつポイントを移動して行きました。
ようやく大きなベイトの反応を見つけると、ほとんどのお客様にベイトが乗り、数名のお客様に大きなHIT!!上がって来たのは50センチオーバーの真鯛!
続けて、ハマチ、メジロと青物が続き、アコウ、スズキも良い型が上がりました!
サワラらしきHITもありましたが、痛恨のばらし(ハリスを切られていました・・・。)

後半戦になり、ベイトが移動するのでそれを追いかけながら、続けて行くと、ベイトは乗ってもそこまで大物がかかってこない時間になりました。ただ、今日初めてご乗船いただくお客様に大きなアタリ、本日初めて購入いただいた新品の竿とリールでようやく上がって来たのは、なんと74cmの大真鯛!!!
他にもメジロ、ハマチも釣れていたようで、初めての釣りでクーラーに入らないほど釣れて驚かれていました。他のお客様、ほとんどに大物を釣っていただきご満足いただけたと思います。ベイトがある限り引き続きアンダーベイト大物狙いも継続していきますので、終盤戦のご乗船お待ちしております!

タチウオ便について

日曜日は、タチウオ便で出船しましたが、多い方は20本つられていました。ただ、全体的には厳しい方もいらっしゃいました。
経験や腕の差が出ていたので、下記にタチウオの釣果の上げ方のコツを記載していますので、ご予約前にご確認お願いします。

タチウオの釣り方のコツ

タチウオテンヤ編

◎エサの付け方から、タナ取りまで
テンヤにエサとなるイワシを付けます。
イワシをテンヤに対して真っ直ぐになるようにして針金で巻き付けます。特に頭の部分をしっかり固定してからテンヤに真っ直ぐになるように胴体を巻き付けます。
ポイントに着くと船長から水深がアナウンスで伝えられます。
底に定着した瞬間に糸吹けを取り、タチウオが居るタナを探ります。
タチウオはまずタナ探しから始め、アタリが出たタナ釣れるタナをいち早く探し見つけることが先決かつ重要です。
船長から反応があれば、水深より浅いタナのアナウンスもあり、その時はその指示されたタナから上を探ります。

◎探り方、誘い方
まずは基本ダダ巻きで、スピードを変えたりしながらタチウオの居るタナを探し見つけます。
タナが見つかれば、そこで一番アタリが出る誘いや、針掛りするパターンを見つけます。
基本のダダ巻きで一番アタリと針掛りがいい時もあれば、シェイクを入れた時、またはジャークした時、ストップ&ゴーなどなど、沢山の誘い方の中で、引き出しをいくつか用意し、その中で一つ一つ試して確認しながら今日の釣れるパターンを見つけてください。
それを見つけることができれば、楽しいでしょうし、釣果にも繋がって行くと思います。
色々と試して見るのもタチウオ釣りの楽しみ方ですね♪
今までの固定概念を捨て、新しい釣り方を発見できれば、自身のスキルアップに繋がることでしょう!

◎タックル
・ロッド:長さ200cm前後の8:2調子、7:3調子がおススメです。
※タチウオテンヤ用のロッドだと、尚おススメですが、ジギングロッドなどのバットがしっかりしているロッドでしたら代用可能です。
・リール:ベイトリールPEが300m巻けるもの(ラインは1.5~2号を300m)
※タナを探るために、水深が出るカウンターがあると便利です。
・リーダー:40~60lb(テンヤに付属しているものでもOKです。)
・テンヤ: 40号、シングルフック(ふじたやでは40号で統一しております。)

◎タチウオが釣れたら
タチウオが釣れ水面まできたら、竿を立てラインを緩めないように注意しながら、リーダーをつかんで抜き上げてください。
タチウオ釣れた時、竿のまま船内に抜き上げると、テンヤから針ハズレしやすく、また針ハズレした時にその反動で勢い余ったテンヤが飛んでしまい周囲の方にハリが刺さってしまったり、大きな事故になってしまいます️!!
タチウオが釣れた時は、糸を緩めることなく、必ずリーダーをつかんで船内にゆっくり抜き上げてください。

タチウオジギングジギング編

ふじたやでは、タチウオジギングは優先席にて、ジギングを楽しんでいただけます!
ジギングの方は、テンヤのどちらもできる設定なので、どちらも楽しんでいただけます!!
ジグは、水深や潮の速さで使用するジグの重さを変えたりしますが、基本的100〜200gのメタルジグをご用意しておいてください。

◎タックル
・ロッド 長さ6.3ft~6.6ft(190cm-200cm)
* ジグMAX120-200g
※タチウオ専用竿は尚良い!
・リール
両軸(ベイト)リール…小型タイプ(PE#1.0-#1.5を200m巻けるもの)
・ライン
PEライン#0.8-#1.0を200m(高切れ対策に最低200mは巻きます)※PE1号以内
・リーダー…4-5号フロロ/1ヒロ
8-12号フロロ/50-60cm(8-10号 1〜2ヒロ直結でも)

◎釣り方
ゆっくりめのワンピッチやハーフピッチ、ショートジャーク、スロージャーク、リフト&フォールがスタンダード。
ジギングというからには“シャクらないと”と思っているかもしれないが、ただ巻き(巻き上げ)も意外と効果的。いろいろ試すと思わぬ発見がある。
釣れたレンジを覚えておくのも基本だが釣れた方法(パターン)も覚えておこう。
例えば、巻きで釣れたら、再度、巻き。
フォールで釣れたらフォールを長めに入れたりする。これが食わせパターン。

本日の釣果まとめについて『2021年8月29日』

土曜日のアンダーベイト、日曜日のタチウオと状況に合わせて出船していますが、ベイトはそろそろ少なくなってきそうです。そうなった場合は、他の釣れる釣りものを狙って出船していきます。
タチウオはこれから型も大きくなっていき、盛り上がって行くと思います。

ご乗船頂いたお客様にご満足の行く釣果を出せるように最大限努力しますので、是非、ご乗船よろしくお願いいたします。

大阪湾 釣り船ふじたや

関連記事

2021年6月第3週目の釣果状況~大阪湾釣り船ふじたや~
2021年3月14日の釣果報告~大阪湾釣り船ふじたや~
2021年5月22日の釣果報告~大阪湾釣り船ふじたや~

人気の記事